2.1

仕事中に理不尽に怒鳴られたり怒られたりすることがないと疲労度が少ないことに驚いた。久しぶりに何事もなく時間が過ぎていった。サービス業は本当に骨の折れる仕事だと思う。やっぱりサービス過多。無駄が多いといつも思うし、上司に提言しても変わったことはない。自分で変えられる部分は挑戦しているけれど、組織として変わらないと意味ない部分が多くてなんだかな。

 

普段からイライラしたり怒りっぽくなってしまうと自然と負荷がかかって疲れてしまう。かといってじゃあ明るくいこうとしてもエネルギーを使って無駄に疲れる。ボーッとした状態に近い脱力感を身体で再現しているけれど、意識は周りに向いているという状態が1番疲れないかもしれない。

 

誰になんと言われようとほどほどで構わない。昔は全力少年ぶってたけど、割に合わないって年を重ねると感じてしまう。

 

昨日の記事からふと思った。外出が嫌いとか時間守らないと嫌だとか、譲れない部分がネガティヴだと思い返して気付いた。自分でそう決めつけちゃってるから、どんどん負の方向へ進んでしまうのだろう。

どうでもいいな、しゃあないなって他人にも自分にも適当になればいいんじゃないか。そのぶん他人の気分を害したりする確率も上がるが、行動範囲が広がるメリットの方が大きい気がする。

 

他人と比較しないで自分が面白いと思えたものに一回没頭して時間とお金をかけてみるのもいいかな。人生の充実って人それぞれだけれど、自分の中で充実した時間ってのが少ないので手探りして見つけたい。本当にすぐに人と比較して辞めたり、自分は残念だなと思ってしまう部分が強いので意識しまくっとかないと。

 

平和に過ごせてハッピーだったし明日ものらりと過ごせればいいな。