読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1.17

寒いと外には出たくないのだけれど、今日は朝から外に出れた自分偉い。やったことは給料をおろして保険払って本を買いに行って洗濯物干したくらいだけれど。本屋をぶらつくのはとても楽しい。かなりの時間を潰すことができる。本とラーメンは値段を気にしたことがない。ハズレの本も買ったこと多くあるし、そのときはわからなくても時間が経った後に読むとわかることもあった。

お金に強くなる生き方

他にも数冊買ったのだけれど、これをまず読了。今の収入は本当に少なくて、たいしたことにお金は使えない。この先たとえ収入が増えたとしても支出も増えるだろうし、お金との付き合い方は一生工夫していくものだろうからいろいろと知っておきたい。年収を上げる方法とか巷に溢れているけれど、今手に入る額の中で幸福感をいかに最大化させられるか考えようと思える内容だった。副業の付き合い方とか投資についても書かれていて、役に立った。もちろん増やせるなら増やしたが、労働者として増やすには限度があり、厳しい覚悟も必要だそうだ。根性ある方ではないから、ほどほどに工夫して生きていきたい。服や無駄なものは周りに置かない、買わないをとりあえず徹底。食事と健康に関すること、本だけはけちらない。人付き合いも無理のない範囲を見極めて使う。あきらかに無駄だと思える飲み会や食事会にはでない。

金銭の知識なんかは専門書を読まないとだめって言われると思うけれど、いきなり専門書を読んでもわからないし面白くないと読む気も起きない。だから入門書を漁りながら少しずつ知識を深めていければいいかな。誰かが言っていたけれど、入門書はわからない人がわかりやすいようにかなり丁寧に工夫して書いているから、専門書よりもいいって。ものや場合によりけりだけれど、たしかになと思ったし、わかりやすくて共感できたり、実行に移せるノウハウなんかがある方が読んでいて面白い。

ブログも日記とかメモがわりに適度にやってみるけれど、手帳に手書きでその日の出来事なんかを書き留めることも挑戦してみる。手書きで思考を整理することも自律神経を整えるいい行動らしい。

無駄に期待したり背伸びしたり意識高めないで、淡々と昨日よりちょっとよく生きれたなくらいの気持ちで明日も生活しよう。