社会に自分の居場所なんて無いとか思う。社会不適合者かもしれない。

この前社会人の体育会系の飲み会に参加したけれど本当に無理だった。
知り合いの方に紹介してもらい、社会復帰の為のきっかけになればとのことで参加してみた。
正座して話を聴かないといけないし、常にグラスに気を配り酒を注ぎ足す。

今の若者は弱い、欲がない、ヘタレって言われた。ブラック企業なんてないんだよとも言っていた。

自分はそのヘタレにあたるのだろうなーとか思いながらあくせく動き酒を注ぎ正座して話をきていた。
なんか社会に居場所なんてないんじゃないかなと思った。

ブラック企業を辞めて、体調を整えてから2年くらい経つ。いまだに就職を正社員としてはできていない。アルバイトしつつ職を探しているのだけれど、自分には続けられること、仕事がそもそも無いのではないかと思ってしまう。

バイトは出来ているのだけど、正社員の仕事となるとどうなるか。経歴が傷だらけだから、そもそも採用されないかもしれない。
人不足のところなんて結局はブラックなんじゃないか。

汚い言葉が飛び交い、人を人とも思わない環境なんて嫌だ。でも、それを見極めることなんて難しいじゃないか。
働いて何かしら社会と繋がりを持ちたいなんて思ったりするときもあるけれど、自分が潰れない為に、生き残る為にこれからどうすればいいかという視点でしか物事を考えられない。

そのくせ願望が多いからだめなのかもしれない。残業は嫌ではないけれど、毎日のようにはしたくない。
満員電車だって乗りたくない。仕事の改善案は聞き入れたいけど、罵倒はされたくない。
理不尽な相手にへーこらしたくない。

どうしてこんなに弱いんだろうな。学生生活は平気だったのに働くってことに対してはなぜ怯えてしまうのだろう。

自分には居場所なんてないのではないかとか。

心が弱くなってきたらヤバイと思ってすぐにスクワットをしている。悩みや不安を感じたら運動することでだいぶ落ち着く。
でもスクワットをしてもこの状況は改善されない。前に進むしかないけれど、進み方がわからない。