読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安を楽しむ生き方はちょいちょい読み返そう

不安を抱きやすい体質にいつからかなってしまったので日々謎のプレッシャーと闘っている。
これは自分で悶々としていても解決できるわけなく、先輩のお力を拝借しようと本を探す。
そしてタイトルそのまま、不安を楽しむ生き方を見つける。

「不安を楽しむ」生き方

「不安を楽しむ」生き方

何度も読み返して、少しずつ柔軟な精神になろうと思えた。
不安ってのは小さい不安がたくさんあって、これは行動で解決できるものが多い。気だるさを醸し出さず、すぐに動くことを習慣とするといろいろと改善できそう。
あとでかすぎる不安は考えても仕方ないし、行動でどうにかできるものでもないから、寝とけって感じのようだ。

細かな動き出しのキレと、ときに寝て忘れる大胆さが重要なようだ。頑張ろう。

不安の他にも小さな怒りも心持ちと行動で変えられる部分があると気付く。

例を挙げれば、家事とか。家のものは基本不在がちで、皆集まるとしても夜。たまたま昼に家にいる者がいれば洗濯やら掃除やらをこなす。
僕には兄弟がいるのだが、僕以外に兄弟は誰一人として家事をやらない。洗濯なんかは結構な量になるのだが、洗濯機にかけないわ、たたんだ服は片付けないわ。
たまにイラッとするわけですが、これは心持ちを変えることで解決するなと。
将来運良く結婚できれば、家事ができる夫ってのは頼りになると思う。すると今大量の洗濯物を高速で処理できるスキルを培えれば夫としての格が上がるいい機会ではないかと。

考えて洗濯の干し方、たたむ順序なんかを考えて大量の衣服をさらっと涼しい顔で対処する。
カッコいいじゃないかと。

まあこんな感じで、結構くだらないかもしれないけど、このくだらなさを真面目に追求できることって実は重要なことだと思えた。

感情のコントロールはトレーニングで鍛えていけるし、軽い気持ちで続けるのが大事なんだろう。
ランニングや筋トレと一緒。両者続けていくと、自分にとってプラスになる部分が大きい。

これからも無理はしないけれど、ちょっとずつ鍛えていこう。