読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1.31

新年の手帳を買って、5行くらいのスペースに日記をつけているのだけれど、まあなんとか続いてる。

書いてることは大したことないけれど、文字を手書きで書くこと、真っさらなページが黒く埋まっていくことは少しだけ気持ちが良い。

でも、反省とかこうしときゃよかったとか、後ろ向きなことが多いと見返して思う。

能天気に楽しいことも書ければいいのかもしれないけれど、無理して楽しくする必要はないのかもしれない。

 

そもそも生きてて楽しいことってそんなに無いなーとか、やはりネガティヴ。楽しい記憶より辛い記憶の方が人間の脳には残りやすいってどこかで読んだ気がする。

だからこそ、楽しいことを意識的に文字や記録に残すことは重要なのかもしれない。小さな楽しみを見出せる人は幸せみたいなこと聞くけれど、脳の構造が自分とは違うとしか思えないな。

 

人と会うのも正直億劫になっている。昔はもっとぷらぷらしてたんだけれど。誘いも時々あって、良い友人なんだけれど、ほぼほぼ遅刻してくる。事前に連絡してこないで集合時間間近で遅れるって連絡が多い。集まる場所も結構遠くにいかないと全員の中間地点にならない。だいたい都心だから人混みや喧騒が堪える。器量がちっさい人間なんだろうけど、これ毎回堪えるのしんどくて遂に無視している。ラインだと既読云々あるから面倒なんだよね。

 

人と会うことで様々な機会に恵まれたり成長するって聞くけど、自分みたいな人間はこの先ダメだよって言われてる気しかしないな。

 

生きやすさってなんだろうね。本当にたまに生まれてこなきゃよかったなと思う。家族にも迷惑かけてるし。

でも無様にも生まれてきてしまい、死ぬ勇気もなく生にしがみつくのは目に見えてるから、みっともない姿でもなんとか生きていくんだろうな。

 

寒さと仕事が見つからないことで弱気になっているが、明日も細々と生き延びよう。

最近必ず面倒なお客様に当たるので、当たらないように祈りつつ当たったら淡々と流していこう。

1.17

寒いと外には出たくないのだけれど、今日は朝から外に出れた自分偉い。やったことは給料をおろして保険払って本を買いに行って洗濯物干したくらいだけれど。本屋をぶらつくのはとても楽しい。かなりの時間を潰すことができる。本とラーメンは値段を気にしたことがない。ハズレの本も買ったこと多くあるし、そのときはわからなくても時間が経った後に読むとわかることもあった。

お金に強くなる生き方

他にも数冊買ったのだけれど、これをまず読了。今の収入は本当に少なくて、たいしたことにお金は使えない。この先たとえ収入が増えたとしても支出も増えるだろうし、お金との付き合い方は一生工夫していくものだろうからいろいろと知っておきたい。年収を上げる方法とか巷に溢れているけれど、今手に入る額の中で幸福感をいかに最大化させられるか考えようと思える内容だった。副業の付き合い方とか投資についても書かれていて、役に立った。もちろん増やせるなら増やしたが、労働者として増やすには限度があり、厳しい覚悟も必要だそうだ。根性ある方ではないから、ほどほどに工夫して生きていきたい。服や無駄なものは周りに置かない、買わないをとりあえず徹底。食事と健康に関すること、本だけはけちらない。人付き合いも無理のない範囲を見極めて使う。あきらかに無駄だと思える飲み会や食事会にはでない。

金銭の知識なんかは専門書を読まないとだめって言われると思うけれど、いきなり専門書を読んでもわからないし面白くないと読む気も起きない。だから入門書を漁りながら少しずつ知識を深めていければいいかな。誰かが言っていたけれど、入門書はわからない人がわかりやすいようにかなり丁寧に工夫して書いているから、専門書よりもいいって。ものや場合によりけりだけれど、たしかになと思ったし、わかりやすくて共感できたり、実行に移せるノウハウなんかがある方が読んでいて面白い。

ブログも日記とかメモがわりに適度にやってみるけれど、手帳に手書きでその日の出来事なんかを書き留めることも挑戦してみる。手書きで思考を整理することも自律神経を整えるいい行動らしい。

無駄に期待したり背伸びしたり意識高めないで、淡々と昨日よりちょっとよく生きれたなくらいの気持ちで明日も生活しよう。

日記でいい

2017年になってしまいました。今年は淡々と行動できればいいなと思っています。ブログも何となく始めてみましたが継続できていませんでした。たまに文字を綴りたくなるのですが、ネタとか無駄に悩んでしまい、書くことないなとなり書かない。いちいちパソコンを起動するのが面倒だったり。

 

なので、スマホ使ってみよう。そして日記として短くても、長くても、どんな内容であれとりあえず書いてみようと思い立ちました。誤字脱字も気にしない。何も気にしない。何も求めない。とにかく文字を起こす。

 

インドアが好きで空いてる日は、ほとんど家にこもって本読んでいるかゲームしているかな毎日をちょっとだけ変えてみよう。

 

無理に外に出ることは絶対にしないけれど、もう少し暖かくなって、かつそれほど人混みでなければお誘いは断らないようにするのが目標。

 

頭でごちゃごちゃ考えないでちょっと動いてみる。あと、怒りっぽさを抑える。淡々としようとすれば怒りもある程度コントロールできるはず。

 

他者に期待せず、またコントロールできないものだと常に思い浮かぶようにする。無駄な対人ストレスを作らない。まあいっかという精神。

 

仕事を見つける。ブラックかもしれない、自分にはキツイかもしれないと恐れていては何も始まらない。中途半端にレールから外れてしまったのだから、恐れても仕方ない。失敗だと思った事は、上手くいかない選択肢を潰せたという事。

 

悲観せずに生活していくのがちょっとキツくなってきたけれど、それでもどうにかして生きていきたい。誰かにすがることも大切だけれど、自分で決めて自分で動いて反省して軌道修正する行動回数を増やせるよう、頭の中で唱えていこう。

 

あと、太らないように甘いものは極力控えるぞ。

某プログラミング教室に行ってみたら結構面白かったです

昔からちょっとプログラミングに興味を持っていて、独学でもいけるかもしれないとかじり、すぐに挫折した経験がありました。
20代半ばにして職なしフラフラしているので、そろそろ何かしらしないといけないと思いふとプログラミングのことを思い出しました。独学は無理ならどこかに行けばいいのではないかと思い付き、調べてみて説明会に行ってきました。
体験学習できたんですが、最初から全然わからなかったのだけれど面白かったです。手を動かして、画面に反応がでるっていうのが凄く新鮮でした。最近物作ったりしていなかったので、ああこういう感覚忘れてたなーと。
説明が親切で会話しやすいスタッフの方がいたのも良かったです。懇切丁寧に人に何かを教えることって疲れますから、その労力を無下にしないように頑張ろうとも思えますね。

金銭的にもなんとかなる額だし、手を動かして形にするって仕事が興味あるって程度ですが、そんなとっかかりでもやってみないと何も始まらないかなと。

元々文系出身だし、数学とか論理的思考とか得意なわけではないけれど一度通ってみて職に繋げられればと思います。
ググってるとできない理由とか、いかに難しいかとか、ブラックな面とかネガティブな情報がめちゃくちゃ入ってきました。でもそれを鵜呑みにしていたら何も始まらない。ネガティブコメントをしていて、じゃあどう行動したらいいかって具体的に書いて有ることがあまりないし、結局自分を助けてくれるのは自分、またはかなり親切な人がいて数人だと思ってます。この数人も下手したら0かもしれないし。

でも、たぶんこのような形から入って細々と生きていけてる人も知らないだけでいると思うんですよね。そういった人たちの情報ってなかなか見つけられない。凄い人やネガティブな情報ばかりが多いと感じてしまっています。

地味に活躍できる、地味に人の役にたてたりできないかなと考えています。華やかな人生より、なんかぱっと見は地味だけれど幸せそうな感じになりたい。

抽象的ですが、具体的なことなんて生きて活動していく上で発見して言葉にするものだろうなと思いますのでこれから見つけたら言語化して、納得すればいいです。

来年の3月あたりから通う予定なので、学んだことや感じたことなんかをここに書き連ねていく予定です。無駄になるんじゃないか、自分にはできないんじゃないかと結構ビビっているのですが、小さな変化と行動だけが自分を変えてくれると信じて行動あるのみです。

社会に自分の居場所なんて無いとか思う。社会不適合者かもしれない。

この前社会人の体育会系の飲み会に参加したけれど本当に無理だった。
知り合いの方に紹介してもらい、社会復帰の為のきっかけになればとのことで参加してみた。
正座して話を聴かないといけないし、常にグラスに気を配り酒を注ぎ足す。

今の若者は弱い、欲がない、ヘタレって言われた。ブラック企業なんてないんだよとも言っていた。

自分はそのヘタレにあたるのだろうなーとか思いながらあくせく動き酒を注ぎ正座して話をきていた。
なんか社会に居場所なんてないんじゃないかなと思った。

ブラック企業を辞めて、体調を整えてから2年くらい経つ。いまだに就職を正社員としてはできていない。アルバイトしつつ職を探しているのだけれど、自分には続けられること、仕事がそもそも無いのではないかと思ってしまう。

バイトは出来ているのだけど、正社員の仕事となるとどうなるか。経歴が傷だらけだから、そもそも採用されないかもしれない。
人不足のところなんて結局はブラックなんじゃないか。

汚い言葉が飛び交い、人を人とも思わない環境なんて嫌だ。でも、それを見極めることなんて難しいじゃないか。
働いて何かしら社会と繋がりを持ちたいなんて思ったりするときもあるけれど、自分が潰れない為に、生き残る為にこれからどうすればいいかという視点でしか物事を考えられない。

そのくせ願望が多いからだめなのかもしれない。残業は嫌ではないけれど、毎日のようにはしたくない。
満員電車だって乗りたくない。仕事の改善案は聞き入れたいけど、罵倒はされたくない。
理不尽な相手にへーこらしたくない。

どうしてこんなに弱いんだろうな。学生生活は平気だったのに働くってことに対してはなぜ怯えてしまうのだろう。

自分には居場所なんてないのではないかとか。

心が弱くなってきたらヤバイと思ってすぐにスクワットをしている。悩みや不安を感じたら運動することでだいぶ落ち着く。
でもスクワットをしてもこの状況は改善されない。前に進むしかないけれど、進み方がわからない。